電子カルテを導入するのに必要な費用

今まで医師が患者の診療経過を記入するカルテといえば、紙のカルテが主流となっていました。しかし近年は電子カルテが主流となってきています。電子カルテとは、今までの紙カルテを電子的なシステムに変換し、電子情報としてカルテを管理、編集し、データベースへ記録するシステムとなっています。多くのメリットがある電子カルテは、国が普及に力を入れていることもあり、新規開院する医療機関のほとんどで電子カルテを導入しています。電子カルテを導入するためには、運用コストが掛かります。まず導入費用は勿論のこと、月々のランニングコストも考える必要があります。しかし現在は無料の電子カルテも登場しており、電子カルテのシェア争いが活発に行われているのが現状です。いずれにしても、コストパフォーマンスが高い利便性に優れた電子カルテの導入が望ましいです。

電子カルテのメリットを紹介します

電子カルテにはさまざまなメリットがあります。まず、紙カルテを探す手間がなくなるため、予約や受付業務の軽減、会計時間が短縮されることにより患者の待ち時間が少なくなります。その他にも診療情報提供書といった文書を作成する時間の短縮にも繋がります。そして、操作負荷が削減できる機能が備わっているので、カルテ記載や注射や薬の処方といったオーダリング時間を減らすことも可能です。さらに各会社へ依頼した検査結果を電子カルテに取り込みが可能なため、画面上から即座に検査結果を確認することができます。会社によってはオンラインで結果をアップロードしているため、取込み自体不要なケースもあるのです。電子カルテはサーバーに保存されるため、紙カルテのように膨大に保管場所が必要となることがありません。また紙による劣化を防ぐことも可能です。

電子カルテのデメリットを紹介します

待ち時間の短縮や必要情報が即座に確認することができ、保管場所にも困らない電子カルテは、メリットばかりに思えますが実はデメリットも存在しているのです。まず、1つのパソコンの画面にさまざまな情報が取り込まれている電子カルテは、操作に慣れるまでに時間が掛かるケースがあります。さらに電子カルテと会計システムが別システムを導入しているケースでは、両方のシステムの操作を覚える必要があるため、事務員の作業負荷がかかるケースがあります。さらに、電子カルテは電子機器のため電力供給が不安定な時や停電時には利用することができません。停電が一時的なものですぐに回復すれば問題ありませんが、長期化するようであればすぐに紙カルテに変更できるよう運用方法を整える必要があるのです。また、導入費用やランニングコストが掛かるといったコスト面でのデメリットも挙げられます。