電子カルテを導入するにあたって検討すべきこと

近年では大きな病院だけでなく個人病院でも電子カルテを導入する医療機関が増加しています。電子カルテとは従来紙に記載されていた患者さんの年齢や性別、保険証の番号などに加えて診療の記録やレントゲン画像などをすべて電子的に記録し、データで保存を行うという方法です。電子カルテを導入するにあたって気を付けなければならない点は、電子カルテは業務を効率化することが可能ですが、導入さえすれば効率化し、経営の改善につながるというわけではありません。電子カルテをあくまでツールであり、使用する側がどのような目的ももち、どのように活用するかによってよくも悪くも変わってきてしまうのです。そのため電子カルテを導入する際はどこのメーカーの電子カルテを使用するか、どの機能が必要か不必要かをしっかりと検討しなければなりません。

電子カルテを導入するメリットとは

近年では多くの医療機関で電子カルテが導入されていますが、昔から開業されているような個人病院では実はまだまだ紙のカルテが使用されているところも多いというのが現状です。電子カルテを導入している個人病院は、そのほとんどが開院時に導入している傾向が高いです。電子カルテをこれから導入しようとする場合のメリットとしてあげられるのは、圧倒的に業務が効率化させることができるという点です。紙のカルテの場合、紙に書かなければならず、さらにその文字を解読しなければなりません。手書きの場合文字が読めない場合もあるでしょう。しかし電子カルテではこういった心配はありません。またデータ化することができるため、カルテの置き場を確保する必要がなく、患者さんのカルテを探す手間も省くことができるため病院スタッフの日常の業務が非常に楽になるといえます。

電子カルテを導入する場合においてのデメリットとは

電子カルテは導入することで業務の負担を軽くすることができます。またデータを一括で管理することで、受診する科をまたいで患者さんの情報を共有することができます。しかし電子カルテを導入するためには多額の費用が必要になることも事実です。こうした費用を捻出することができない個人病院においては必ずしも電子カルテを導入した方がよいとはいえません。またデータ化することで管理は楽になりますが、その分セキュリティー管理を強化しなければなりません。セキュリティー対策を行っていなければ患者さんの個人情報が流出してしまう恐れもあります。またシステムダウンしてしまうと診療自体が行えないという自体が発生してしまいます。そのためデータやサーバーの管理などは専門の業者に依頼しなければならず、長期的に委託する費用も必要となります。